組織概要 お問い合わせ サイトマップ Facebookページ
トップ
理事長ご挨拶
組織概要
活動内容
研究会のご案内
市民公開講座
入会案内
お問い合わせ
リンク
第26回ペインクリニック診断研究会
第4回タイカダバーハンズオンセミナー
第5回日本ペインクリニック・インターベンショナル治療研究会
第49回日本慢性疼痛学会市民公開講座
第9回ペインクリニック市民公開講座
第6回献体による神経ブロックの臨床解剖学的研究会
第11回神経ブロックEBM研究会
第16回神経ブロック手技研究会
第25回ペインクリニック診断研究会
令和元年度 市民公開講座 in 宮崎県都城市
JPCIT第1回SCS研修会
第24回ペインクリニック診断研究会
第3回タイカダバーハンズオンセミナー
第4回ペインクリニック・インターベンショナル治療研究会(JPCIT)
第8回ペインクリニック市民公開講座
第5回献体による神経ブロックの臨床解剖学的研究会
活動内容

1.講演会・研究会の企画/開催

● 日本ペインクリニック・インターベンショナル治療研究会

本会は、ペインクリニックのインターベンショナル治療における最新の話題を中心に討議する。その内容は、インターベンショナル治療の手技・器材の改良や適応拡大、合併症などを討議することを目的とし、その診断・診療・教育・研究の発展に寄与していきます。

◆第5回 2020年 2月 29日(土)■

重要 ■ 開催延期のお知らせ ■
『第5回 日本ペインクリニック・インターベンショナル治療研究会』は、本邦における新型コロナウイルスの急速な感染拡大と多大な影響を受けて、開催延期とさせていただくこととなりました。今後につきましては、確定次第、追ってお知らせ致します。ご理解の程よろしくお願い致します。

≪大会長≫ 内野 博之 先生(東京医科大学 麻酔科学分野 主任教授)
◇ 特別講演 ◇
『がん疼痛のインターベンショナル治療』
[演者]服部 政治 先生(沖縄徳洲会 中部徳洲会病院 疼痛治療科 統括部長 / 大分大学医学部 麻酔科学講座 臨床教授)
◇ 一般演題 ◇
『ヘルニコアR手技における椎間板造影の意義および当院での成績
 −ヘルニコアRを避けるべき症例とは−』
[演者]石川 慎一 先生(姫路赤十字病院 麻酔科 ペインクリニック部長)
◇ワークショップ◇ =がん疼痛のインターベンショナル治療=◇
1●『がん患者に対するSCS』
[演者]高雄 由美子 先生(兵庫医科大学 麻酔科学・疼痛制御科学講座 教授)
2●『腹腔神経ブロックについて(仮題)』
[演者]山田 梨香子 先生(東京医科大学 麻酔科学分野 / 東京医科大学病院ペインセンター)
3●『がん疼痛の神経根高周波パルス・サーモ』
[演者]伊達 久 先生(仙台ペインクリニック 院長)
4〇 ディスカッション
<詳しくはこちら>


◆第4回 2019年 2月 16日(土)
≪大会長≫ 飯田 宏樹 先生(岐阜大学大学院医学系研究科 麻酔・疼痛制御学分野 教授)
◇ 一般演題 ◇
『難治性の神経根型腰部脊柱管狭窄症に対して
 経皮的椎間板摘出術(Disc-Fx)と硬膜外癒着剥離術(RACZカテーテル)の併用が有用であった1例』
[演者]荒川 恭佑 先生(NTT東日本関東病院 ペインクリニック科)
『超音波ガイド下仙腸関節枝高周波熱凝固法』
[演者]谷口 彩乃 先生(京都府立医科大学 疼痛・緩和医療学教室)
◇シンポジウム =椎間板治療=◇
● 特別講演
『当院における椎間板内治療』
[演者]平良 豊 先生(牧港クリニック「痛みの治療センター」院長)
● Lecture Session『椎間板内治療の実際』
<詳しくはこちら>




● JPCITタイカダバーハンズオンセミナー
Asia Pain interventional treatment Academy In Bangkok

◆第4回 2020年 3月 5日(木)6日(金)7日(土)8(日)

重要 ■ 開催中止のお知らせ ■
『第4回タイカダバーハンズオンセミナー』は、本邦における新型コロナウイルスの休息な感染拡大と多大な影響を受けて、開催中止とさせていただくこととなりました。今後につきましては、確定次第、追ってお知らせ致します。ご理解の程よろしくお願い致します。

≪企画代表≫ 平川 奈緒美 先生(佐賀大学医学部 ペインクリニック・緩和ケア科 診療教授 / 麻酔・蘇生学講座 准教授)
<詳しくはこちら>


◆第3回 2019年 3月 7日(木)8日(金)9日(土)10(日)
≪企画代表≫ 井関 雅子 先生(順天堂大学医学部 麻酔科学・ペインクリニック講座 教授)
<詳しくはこちら>




●JPCIT SCS研修会

SCS研修会は、これから脊髄刺激療法を始めよう、もしくは、ほとんど経験が無く不安というような先生方を対象としたJPCIT主催の企画です。本企画では、座学で知識やコツを伝授してもらう他、2日目のハンズオンで機器に実際に触れながら学んでいただきます。

◆第1回 2019年 8月 10日(土)11日(日)
≪企画主管≫ 伊達 久 先生(仙台ペインクリニック 院長)
◎1日目<講 義>
◇講義1◇『SCSとは?〜SCSの鎮痛メカニズムを中心に〜』
[演者]高雄 由美子 先生(兵庫医科大学 ペインクリニック部)
◇講義2◇『SCSの適応〜神経ブロックとのすみわけ〜』
[演者]立山 真吾 先生(潤和会記念病院 ペインクリニック)
◇講義3◇『SCSの手技』
[演者]中川 雅之 先生(NTT東日本関東病院 ペインクリニック科)
◇講義4◇『SCS各社の特徴』
[演者]SCS3社の担当者 ※各社20分
◎2日目<ハンズオン>
◇ハンズオン◇ 3グループに分かれて、3ブースをローテート
◇講義5◇ まとめの講義&質問コーナー
<詳しくはこちら>


● 神経ブロック手技研究会

神経ブロックの手技の実演をNPO法人会員の病院・診療所で実際に見学、手技に役立つ講演を行い、翌日、X線透視下、超音波ガイド下のハンズオンセミナーを行います。

◇第16回 2019年 10月 19日(土)学術講演会・ハンズオンセミナー
【講演1】『腰椎椎間板ヘルニアにおける椎間板造影・ブロックの役割り』
      中川 雅之 先生(NTT東日本関東病院 ペインクリニック科)
【講演2】『腰痛の常識、非常識 2019』
      朴 基彦 先生(ぱくペインクリニック 院長)
≪当番幹事≫ 中川 雅之 先生(NTT東日本関東病院 ペインクリニック科)
<詳しくはこちら>


◇第15回 2018年 10月 13日(土)学術講演会・ハンズオンセミナー
【講演1】『神経根パルス治療の有効性』
      玉川 隆生 先生(順天堂大学医学部 麻酔科学・ペインクリニック講座)
【講演2】『肩の痛み診断と超音波エコーによる治療』
      臼井 要介 先生(水谷痛みのクリニック)
≪当番幹事≫ 井関 雅子 先生(順天堂大学医学部 麻酔科学・ペインクリニック講座 教授)
<詳しくはこちら>




● 神経ブロックEBM研究会

神経ブロックのEBMを研究します。EBMが得られる神経ブロックの共同研究を企画します。

◆第11回 2019年 11月 2日(土)
【教育講演】 松田 陽一 先生(大阪大学大学院学系研究科 麻酔集中治療医学教室)
【特別講演】 新谷 歩 先生(大阪市立大学 大学院医学研究科 医療統計学 教授)
≪当番幹事≫ 西山 隆久 先生(西東京中央総合病院 麻酔科 部長)
<詳しくはこちら>


◆第10回 2018年 11月 10日(土)
【一般演題】 研究プロトコール検討 *2演題
【教育講演】『クリニカルクエスチョンに基づいた臨床研究〜研究の実際とコツ〜』
       肥田 典子 先生(昭和大学医学部薬理学講座臨床薬理部門)
【特別講演】『EBM推進に役立つ臨床研究デザイン ーアイデアを形にしてみようー』
       岡  敬之 先生
      (東京大学医学部附属病院22世紀医療センター 運動疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座)
≪当番幹事≫ 上島 賢哉 先生(NTT東日本関東病院 ペインクリニック科)
<詳しくはこちら>




● ペインクリニック診断研究会

ペインクリニッシャンは、治療に偏りがちでありますが、やはり診断を的確に行って、もっともよい治療法を選択して行うことが必要です。 診断の弱い部分を補うために、ペインクリニックに必要な診断学を年2回開催します。第3、又は第4木曜日の夕方遅くより開催されます。

◆第26回 2020年 9月 17日(木)

重要 ■ 開催延期のお知らせ ■
『第26回ペインクリニック診断研究会』は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、4/23(木)から 9/17(木)に開催延期とさせていただきます。ご理解の程よろしくお願い致します。

【講演】 『痛みを生み出す脳機構−基礎研究から見えてきたパラダイムシフト』
加藤 総夫 先生
東京慈恵会医科大学
総合医科学研究センター 神経科学研究部 教授 / 痛み脳科学センター センター長
≪当番幹事≫ 倉田 二郎 先生(東京慈恵会医科大学 麻酔科学講座 准教授)
<詳しくはこちら>


◆第25回 2019年 9月 19日(木)
【講演】 『脊椎が関連する痛みの診断と治療』
野尻 英俊 先生(順天堂大学医学部附属順天堂医院 整形外科学講座 准教授)
≪当番幹事≫ 山口 敬介 先生
順天堂東京江東高齢者医療センター 麻酔科・ペインクリニック 科長
順天堂大学医学部 麻酔科学・ペインクリニック講座 教授
<詳しくはこちら>




● 献体による神経ブロックの臨床解剖学的研究会

献体による神経ブロック講習会。当該ハンズオンは『厚労省委託事業 実践的な手術手技向上研修事業』の一環です。

◆第6回 2020年 1月18日(土)
「超音波ガイド下神経ブロック」「透視下ブロック(ベーシックコース/アドバンスコース)」を実施します。
■講師:
<エコー>
・佐藤 裕 先生(つがる西北五広域連合つがる病院 麻酔科)
<透 視>
・山田 信一 先生(久留米大学医学部 麻酔学講座)
・大瀬戸 清茂 先生(東京医科大学 麻酔科学講座)
・西山 隆久 先生(西東京中央総合病院 麻酔科)
・濱田 隆太 先生(東京医科大学 麻酔科学講座)
・崔  英姫 先生(東京医科大学 麻酔科学講座)
・岡田 寿郎 先生(東京医科大学 麻酔科学講座)
<詳しくはこちら>


◆第5回 2019年 1月19日(土)
「超音波ガイド下神経ブロック」「透視下ブロック(ベーシックコース/アドバンスコース)」を実施します。
■講師:
<エコー>
・新堀 博展 先生(横浜クリニック ペインクリニック科)
<透 視>
・信太 賢治 先生(昭和大学医学部 麻酔科学講座)
・濱田 隆太 先生(東京医科大学 麻酔科学講座)
・山田 梨香子 先生(東京医科大学 麻酔科学講座)
<詳しくはこちら>




2.ペインクリニック市民公開講座

ペインクリニック市民公開講座を年1〜2回開催します。

◇第9回 2020年 1月 25日(土)
【特別講演】
『ペインクリニックでは、痛みをどのように治療しているのでしょうか。
 −痛みを知って、その対処法を学んでみましょう−』
 増田 豊 先生(東京クリニック)
<詳しくはこちら>


◇第8回 2019年 2月 2日(土)
【特別講演】
『がんの痛み治療最前線〜こんな治療法があることを知りましょう〜』
 服部 政治 先生(がん研有明病院 がん疼痛治療科)
<詳しくはこちら>




3.ペインクリニック普及協会のSNSについて(医療従事者;正会員限定)

【正会員の皆様へ】
NPO法人ペインクリニック普及協会(PRPAIN)正会員限定のSNS環境を企画準備中です!
全国各所から時間や場所に関係なくWeb環境による討論・情報交換/共有・交流が恒常的にできる場として構築/運営できればと考えております。


4.人材育成

研修は会員の診療所、病院などを中心にして研修を行いますが、その研修についての交渉や研修プログラム、交流などを支援します。


5.医師会員入会のご案内

詳細はこちら


ページのトップへ