組織概要 お問い合わせ サイトマップ Facebookページ
トップ
理事長ご挨拶
組織概要
活動内容
研究会のご案内
市民公開講座
入会案内
お問い合わせ
リンク
第9回献体による神経ブロックの臨床解剖学的研究会
研究会のご案内

HOME研究会一覧 ≫ 第9回献体による神経ブロックの臨床解剖学的研究会


第9回 献体による神経ブロックの臨床解剖学的研究会


2023年 1月 21日(土)『第9回 献体による神経ブロックの臨床解剖学的研究会』を開催します。



■ 開催概要 ■

〇 企画事務局よりメッセージです 〇
皆さんこんにちは。今年度も、手術室やペインクリニックで透視/エコーをする予定がある・興味があるが自信が無い方のために、ご献体による神経ブロックのハンズオンを開催します。今年は、エコーはベーシックからアドバンスまで、透視はややベーシックに重点を置いています。もちろん透視下アドバンスも用意してあります。毎年ですが、ご献体の状態によって、実施する手技が変わります旨はご了承ください。より実践的なハンズオンを体験していただきたいと思います。また時間の都合で解剖ができないことが多いのもご理解いただければと思います。なお受講アンケートを本会前後と3か月後・6か月後に実施させていただきます。ご協力の程よろしくお願い致します。(西山)

●日 時:2023年 1月 21日(土)9:00〜16:30(予定)

●場 所:東京医科大学 東新宿キャンパス 解剖実習室
     交通アクセスはこちら

●対 象:医療従事者 *定員15名 *事前参加申込必要

●参加費:15,000円(献花・荼毘の協力金)
      *NPO法人ペインクリニック普及協会 会員は13,000円

主催|東京医科大学 麻酔科学分野
共催|東京医科大学 人体構造学分野 / 救急・災害医学分野
後援|NPO法人ペインクリニック普及協会 神経ブロック手技研究会

◆ 開催案内パンフレットはこちら ◆


■ プログラム ■

◎X線透視下ブロック◎

◇ベーシックコース◇
透視を全く行ったことのない方、これから透視のブロックを行う方、以前透視を行っていたが、十年ぶりくらいでまた透視を始めたいと、考えている方などが対象です。腰椎神経根ブロック・腰神経叢ブロックなど基本的なコースです。
◇アドバンスコース◇
透視を少しやっている(いた)が、自信がない方。(例)腰部神経根は何とかできるが、椎間板やデバイスを使う手技(椎間板内治療など)もやりたいという方。

◎超音波ガイド下神経ブロック◎
神経ブロックが中心です、アドバンス・ベーシックで行います。

いずれも実際の針の挿入やデバイスの使用を予定しています
状況により講義内容が変更になることがあります

■ 講 師 ■
< 透 視 >
高雄 由美子 先生(兵庫医科大学病院ペインクリニック部 教授)
< エコー >
大岩 彩乃 先生(あびこ痛みのクリニック 院長)

*他補助の講師として、東京医大のペインクリニック専門医がサポートします。


■ 参加申込方法/お問い合わせ先 ■

以下の事前参加申込フォームより、お申し込みください。

■ 参加申込フォーム ■
https://forms.gle/f2T81h86TNDHuFTH8

■  受講申込期間  ■
2022年 12月 23日(金)まで
* 多数のご希望いただいたため、受講申込期間を延長しました
* 定員に達し次第、〆切とさせていただきます

ハンズオン事務局 東京医大麻酔科医局内
E-Mail:syugikennkyuukai[at]gmail.com
※[at]は「@」へ差し替えてメールください。
TEL:03-3342-6111(代)FAX:03-5381-6650 西山・岡田・岩瀬宛



ページのトップへ