組織概要 お問い合わせ サイトマップ Facebookページ
トップ
理事長ご挨拶
組織概要
活動内容
研究会のご案内
市民公開講座
入会案内
お問い合わせ
リンク
第9回神経ブロックEBM研究会
第22回ペインクリニック診断研究会
第2回タイカダバーハンズオンセミナー
第3回ペインクリニック・インターベンショナル治療研究会(JPCIT)
研究会のご案内

HOME研究会一覧 ≫ 第9回神経ブロックEBM研究会


第9回 神経ブロックEBM研究会


2017年11月25日(土)『第9回神経ブロックEBM研究会』を開催しました。


●開催ご報告

今回『第9回神経ブロックEBM研究会』は、第9回会長 小杉 志都子 先生(慶應義塾大学医学部 麻酔学教室)のもと、開催されました。

「第一部 臨床研究プロトコール討論」では、一般演題として松本園子先生(順天堂大)からご発表いただき、会場の皆さんとともに、会場参加型の熱い実際的な討論となり、やはり予定時間はあっという間でした。

「第二部 特別講演/教育講演」ではそれぞれ、神山 圭介 先生(慶應義塾大学臨床研究推進センター 臨床研究管理部門 部門長/教授)、前回に続き 岩瀬 哲 先生(埼玉医科大学大学院 医学研究科 緩和医療学分野 教授)をお招きしてお話いただきました。神山先生からは臨床研究法改正に伴う最新アップデートを大変わかりやすく、岩瀬先生からは豊富な産学連携の経験談、特になかなか聞けない実体験をもとにした教訓を交えて、とともに、改めてなかなか学ぶ機会がないテーマでご講演いただきました。参加者の皆さんからも、なかなか身近ではじっくり伺えない内容でもあり、好評の声を多数いただき何よりでした。

今回参加できなかった、また、改めてゆっくり視聴したい皆さんには、演者の先生方の厚意で、PRPAIN正会員限定ですが会員専用ページに講演動画を随時掲載予定です。折角ですのでぜひお役立てください。

関係各位の皆様、引き続きご支援・ご協力よろしくお願い致します。

■以下は会場風景です。

第9回神経ブロックEBM研究会(2017.11.25開催)



●日時: 2017年 11月 25日(土)15:15〜18:00
    [研究プロトコール検討]15:30〜16:50[特別講演]17:00〜18:00
    ※本会終了後、情報交換の場をご用意しております.

●場所: 科研製薬 東京支店 東京都豊島区高田3-12-10  交通アクセスはこちら

●対象: 医療従事者・研究者

●当番幹事: 小杉 志都子 先生(慶應義塾大学医学部 麻酔学教室)

開催案内パンフレットはこちら


●プログラム

[開会の辞]  慶應義塾大学医学部 麻酔学教室 小杉 志都子 先生
[顧問代表挨拶]東京クリニック 院長 宮崎 東洋 先生

■第1部 研究プロトコール検討 15:30〜16:50
座長 東京クリニック ペインクリニック科 部長 増田 豊 先生

<コメンテーター>
岩瀬 哲 先生、宮崎 東洋 先生、小杉 志都子 先生、会場の先生方

『今後の神経ブロックEBM研究会について』
 東京クリニック ペインクリニック内科 木村 信康 先生

『慢性腰下肢痛患者に対する硬膜外ステロイドの治療効果についてsingle-blind比較試験』
 順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター 麻酔科・ペインクリニック 松本 園子 先生

○演題募集要項はこちら○
<募集締切>2017年10月27日(金) *募集終了しました。ご応募有り難うございました。


■第2部 教育講演/特別講演 17:00〜18:00

□教育講演□
座長 小杉 志都子 先生(慶應義塾大学医学部 麻酔学教室)
『産学連携とエビデンス』
 岩瀬 哲 先生
 埼玉医科大学病院 総合診療内科 教授

□特別講演□
座長 小杉 志都子 先生(慶應義塾大学医学部 麻酔学教室)
『臨床研究のルール:倫理指針と臨床研究法』
 神山 圭介 先生
 慶應義塾大学臨床研究推進センター 臨床研究管理部門 部門長 / 教授

[閉会の辞] 東京医科大学 麻酔科学分野 特任教授 大瀬戸 清茂 先生

※本会終了後、情報交換の場をご用意しております.


●お問い合わせ先

「NPO法人ペインクリニック普及協会(PRPAIN)」事務局

 E-Mail:info[at]prpain.org
 ※[at]を@に変更してお送りください.


ページのトップへ